イールドカーブ・コントロール/ターゲット(YCC/YCT)

【よみ】
いーるどかーぶ・こんとろーる/たーげっと
【英名】
yield curve control / target

イールドカーブ・コントロール(YCC)は「長短金利操作」とも呼ばれ、2016年9月に日銀が導入した金融政策のひとつである。

日銀は、国債買い入れオペレーション(公開市場操作)などを通じて長期金利を誘導する一方で、当座預金への付利を調整するなどして短期金利を誘導。長短の金利の動きを適切な水準にコントロール行っている。

2020年のコロナショックの際に世界各国が政策金利を引き下げる、または、量的緩和(QE)を拡大するなか、FRB(米連邦準備制度理事会)はゼロ金利政策を導入、ECB(欧州中央銀行)は量的緩和を拡大した。

両中央銀行は落ち込んだ経済を支援するために、短期の政策金利を当面低い水準に据え置く意向を示していたが、新型コロナ対策で実施されていたロックダウン(都市封鎖)が解除されたことで、落ち込んだ経済がV字回復するとの期待から米・独の10年債利回りが急上昇。両国の国債利回りは、資金の借り手にとって資金調達コストの基準となるため、両国の国債利回りが上昇すると、より信用度の低い債券等の発行コスト(資金の調達コスト)が上昇する 。

それがあまりに早く発生してしまうと景気回復の妨げになり得る。そのため、FRBとECBはイールドカーブ・コントロールの導入の検討を始めた。

FRBやECBがイールドカーブ・コントロール/ターゲットを導入した場合、日・米・独の10年債利回りの変動が抑えらえることになり、為替の変動要因の一つである金利差が出にくくなるため、ドル・ユーロ・円の三極通貨は変動しにくくなる可能性がある。

また、豪準備銀行(3年)やFRB(10年)は長期金利の上限を設定する(ターゲット)という考え方から、イールドカーブ・ターゲット(YCT)という言葉が使われている。

2021年2月9日 更新