U6 失業率

【よみ】
【英名】
U6 unemployment rate

U6失業率とは、米労働省(U.S. Department of Labor: DOL)が発表する6種類の失業率のうち、最も広義の失業率を指す。これは「失業者+縁辺労働者+経済情勢のためにパートタイムで就業している者」を「労働力人口+縁辺労働者※1」で除した失業率で、安定または納得した雇用に就けているかなど労働市場の質を捉えようとする指標です。FRBが金融政策を判断する上で参考にする指標の一つ。

ちなみに、普段、失業率と呼んでいるのはU3失業率であり、これは国際労働機関(ILO)が定めた基準に準拠した失業率のこと。また、『U6-U3』が縮小傾向を示すようだと、質的改善を伴いながら雇用拡大が進行しているとあって、賃金上昇の兆しを示唆する指標と受け止められる。

  • U1:長期失業率とも呼ばれ、軍人を除く労働力人口(文民労働力)に占める失業期間が15週間以上の失業者の割合
    U2:失職率とも呼ばれ、文民労働力人口に占める失職失業者および一時雇用の期間満了者の割合
    U3:公式失業率とされ、文民労働力人口に占める失業者の割合
    U4:(失業者+求職意欲喪失者※2)/(文民労働力人口及び求職意欲喪失者)
    U5:(失業者+縁辺労働者)/(労働力人口+縁辺労働者)
    U6:(完全失業者+縁辺労働者+経済的理由によるパートタイム)/(文民労働力人口+縁辺労働者)
  • ※1 縁辺労働者:就業希望の非労働力人口のうち、仕事があればすぐつくことができ、過去12か月に仕事を探したことがあるが過去4週間には仕事を探さなかった者をいう。
  • ※2 求職意欲喪失者:縁辺労働力人口のうち、適当な仕事がありそうにないため現在、仕事を探していない縁辺労働者をいう。
2021年3月2日 更新