リパトリエーション(リパトリ)/レパトリエーション(レパトリ)

【よみ】
りぱとりえーしょん(りぱとり)/れぱとりえーしょん(れぱとり)
【英名】
Repatriation

本国送還、帰還と言った意味。金融用語としては「海外にある資産を本国に戻す」と言う意味で使われ、「リパトリ(レパトリ)」と略して使用されることもある。日本では毎年期末前の2月から3月にかけて起こりやすい事象で、機関投資家などが海外で運用している資産を売って円に戻す動き(円買い)をするため、円高要因となることもある。

2020年4月7日 更新