格付け

【よみ】
かくづけ
【英名】
Rating

格付けとは、債権やその発行体である国や企業などの債務支払能力を、民間の格付け会社が独自の調査・分析をもとに評価したもの。

格付けは「AAA」や「BB+」「Baa1」といったようにアルファベットと+-や数字を用いるのが一般的で、「AAA」(トリプルエー)評価の債券が最も安全性(信用度)が高く、以下B、C、Dと安全度(信頼度)に応じて低い格付けとなり、細かな表記については格付け会社によって変わってくる。

格付けが高いほど信用力が高く、債券発行者は有利な資金調達が可能となる一方で、格付けが下がる(信用力が下がる)と、債務不履行になる可能性も上がってくる。格付けが「BB」「Ba1」「BB+」(格付け会社により異なる)以下を投資不適格と定義されているため、債券発行者は高い利回りを求められ、資金調達に苦労することになる。これらの債権はジャンク債、ハイイールド債(投機的債券)、高リスク債などと呼ばれる。

 

格付け会社はムーディーズ・インべスターズ・サービスやスタンダード&プアーズ(S&P)、フィッチ・レーティングスなどの他に、日本では格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)などが有名。特にムーディーズやS&P、フィッチが国債の格付けの見直しや変更に関する発表を行う場合には債券市場はもちろん、株式市場、外国為替市場でも売買の材料としてとらえられるため相場が大きく変動する要因となることもある。

2020年11月2日 更新