量的金融緩和

【よみ】
りょうてききんゆうかんわ
【英名】
Quantitative easing

金融政策の一つで、中央銀行のゼロ金利、もしくは、超低金利政策下において、景気や物価の下支え、金融市場の安定を図るために市場に供給する資金の量を増やす政策。

日本の場合、日銀が民間の金融機関から受け入れている当座預金残高などの「量」(マネタリーベース)に操作目標を置いた金融政策の事を指す。日銀では2001年3月から2006年3月まで、2013年4月に再開、2016年9月に物価上昇目標を前年同月比+2.0%を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続している。

米国の場合、リーマンショック以降に、米国債や住宅ローン短期証券を購入することでの資金供給(LSAPs)を実施。2008年11月から2010年6月までの第1段(QE1)、2010年11月から2011年6月までの第2段(QE2),2012年9月から2014年10月までの第3段(QE3)を行った。

2020年4月7日 更新