マネーストック

【よみ】
まねーすとっく
【英名】
money stock

マネーストックとは中央政府と金融機関を除いた国内の経済主体(一般法人、個人、地方公共団体など)が保有する通貨の残高の集計。「通貨残高」とも呼ばれ。マネーストックは日銀が毎月月次で集計・公表しており、対象月の翌月第7営業日に速報、翌々月の第7営業日に確報が発表される。

従来はマネーサプライ(通貨供給量)として公表されていたが、2007年10月の郵政民営化によってゆうちょ銀行が銀行法に基づいて国内銀行となったこと、金融商品の多様化などの理由から、2008年6月に通貨保有主体や各指標の通貨発行主体および金融商品の範囲の見直しを行い、名称をマネーストック統計に変更した。

為替ではほとんど材料視されることはないが、過剰流動性相場を見るうえではマネタリーベースと合わせて押さえておきたい。

2020年7月8日 更新