デフレ(デフレーション)

【よみ】
でふれーしょん
【英名】
Deflation

デフレとはデフレーションの略で、継続的にモノ・サービスの価格(物価)が低下していく経済現象を指す。モノやサービスへの需要が後退し、供給過剰の状態となることで発生します。また、モノやサービスの値段が低下するため同じ金額で購入できる消費財が多くなり、相対的にお金の価値が上がることにもなります。

デフレ状態が続くと、商品価格の下落が企業業績悪化や賃金低下へ波及し、さらに消費者の購買力低下が経済を縮小する「デフレスパイラル」への不安が高まります。そして、通常、デフレスパイラルに陥らないために中央銀行(日本の場合は日銀)は金融政策や日々の金融調節(オペレーション)を通じて、物価水準を適切な範囲へ誘導しようとしています。ただし、近年の研究・調査によると、物価と景況との間に明確な因果関係を示す証拠が不足しているとの指摘も散見されます。

インフレ(インフレーション)

2021年4月20日 更新