コマーシャルペーパー(CP)

【よみ】
こまーしゃるぺーぱー
【英名】
Commercial Paper

短期資金調達の目的で企業が公開市場にて割引形式で発行する無担保の約束手形のこと。社債とも類似しているが、社債は償還期間が通常1年以上である一方、コマーシャルペーパー(以後、CP)の償還期間は通常1年未満で30日以内ものが多い。また、CPの金利は発行企業の信用力を反映して決まるため、優良企業でないと発行できない。

日本銀行は2009年1月の金融政策において、CPの購入を決定、同年12月にCP・社債市場の機能回復の目的を達したため終了。その後、2013年のデフレ脱却政策の下、資産買い入れ等の基金を廃止し、CP購入を再開している。

2021年4月6日 更新