ブル・フラットニング

【よみ】
ぶる・ふらっとにんぐ
【英名】
Bull flattening

ブル・フラットニングとは、短期金利の低下(債券買い)よりも長期金利の低下が上回り、金利差が縮小する状態を指す。ブル・フラットニングは、成長スピードの減速から将来的な金融緩和を織り込む局面で出現しやすい形状です。一般的に、償還までの期間が長い債券の方が金利に対する変動リスクが高く価格の変動幅は大きくなります。また、ここで言うブルとは債券買いの事を指します。

2021年3月4日 更新