ベア・フラットニング

【よみ】
べあ・ふらっとにんぐ
【英名】
bear flattening

ベア・フラットニングとは、長期金利の上昇よりも短期金利の上昇幅が上回り、金利差が縮小していく状態を指す。

ベア・フラットニングは、中央銀行による利上げサイクルの局面でしばしば観測されます。ベア・スティープニングと違って、この状況下でドル円相場への特別なインプリケーションは見受けられません。2015年12月から2019年3月にかけて米国は利上げのサイクル中で、その時の長短金利差は縮小傾向が続きました。さらに、ドル円は110.00円を挟んで振幅する程度で、目立った方向性は出ませんでした。

2021年3月2日 更新