ヘリコプターマネー

【よみ】
へりこぷたーまねー
【英名】
Helicopter Money

中央銀行あるいは政府が、大量の貨幣を市中に供給する政策。あたかもヘリコプターから現金をばらまくようなイメージからそう呼ばれる。中央銀行が最終的に国債などを多量に引き受けるような形は、財政ファイナンスにつながるとの懸念もある。

2016年9月28日 更新