上田ハーローFX トレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
FXトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro
上田ハーローFX Trader
上田ハーローFX デモトレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
デモトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro デモトレード
上田ハーローFX Trader デモトレード
文字サイズ
標準大きく
サイト内検索

経済魅力ある新興国・高金利通貨のご紹介

外貨(FX)の中長期運用なら“経済魅力”ある新興国・高金利通貨で!!

活発な取引のイメージがあるFX取引でも、中長期で金利差(スワップポイント)を狙うスタイルもあります。
その場合、欠かせないのは高金利通貨であることの他に、経済規模があり、主要国との経済関係が強いことが重要だと思います。
各国経済のハブとなっている国の通貨は、グローバル経済でのインフレ期待や景況感が高くなれば、政策金利が引き上げられる可能性が高く、より魅力的な通貨として注目されます。そのためには、歴史的に低い為替水準である時期を見逃す手はありません!!
上田ハーローでは、その中でも、アフリカ経済の雄「南アフリカランド」と北米経済のサプライ拠点でもある「メキシコペソ」の取引が可能です。

投資魅力ある新興国通貨は?

南アフリカ共和国:通貨/ランド(ZAR)

資源国、そして金産出国として有名な南アフリカ共和国。
資源算出品目としては、金の他に、ダイヤモンド、プラチナ、ウラン、鉄鉱石、石炭、銅、クロム、マンガンなど豊富な鉱物資源を誇っています。その他にも、最近では南アフリカワインの人気も高まっており、ケープタウン付近で特に盛ん。
アフリカ経済の雄の面では、グローバル経済の一つとして、欧州自動車メーカーなどの進出も多く、自動車輸出は南ア向けのみならず、輸出も多い。上記の点を踏まえれば、主要国経済が好調であれば、資源需要も含めて、物価・GDP見通しも改善される方向になります。

南アフリカのGDP、物価推移はこちらを参照

メキシコ共和国:通貨/ペソ(MXN)

2016年のメキシコGDPは、フランスに次いで世界11位。(IMF統計調べ)。ラテンアメリカではブラジルに次いで2位。メルコスールと南米共同体のオブザーバーであり、経済協力開発機構(OECD)、アジア太平洋経済協力(APEC)、北米自由貿易協定(NAFTA)にも加盟している。
カリブ海沿岸地域を中心にして油田が多く、石油を大きな外貨獲得源のほか、南アに次いで金産出国で、銅鉱山も有名。NAFTA締結後は、日本だけではなく、欧州の自動車メーカーなど安価な労働力を生かしてアメリカやカナダ向けの自動車や家電製品の生産が増加。最近では、トランプ政権からの圧力もあるが、対米依存度がかなり高いため、NAFTA加盟国以外との経済連携を進めている。

メキシコのGDP、物価推移はこちらを参照

上記の両国経済の背景で見ても、南アフリカはアフリカ・アジア向け輸出拠点、メキシコはアメリカ大陸拠点として有望な国です。

経済データ見通しは?

南アランド
経済成長見通し

メキシコ
経済成長見通し

政策金利推移

Data:World Economic Outlook Database
2017年以降は、IMFが2015年データを基とした予測数値。

各国発表データを基に当社作成。

上記の両国経済の見通しで見ても、南アフリカはアフリカ・アジア向け輸出拠点、メキシコはアメリカ大陸拠点として有望な国です。
欧米経済が回復基調となれば、それぞれの拠点の強みを生かして、経済成長及び金融政策も上昇する可能性が高くなります。
中長期の資産形成として、新興国通貨の雄、南アランド・メキシコペソを考えてみませんか?
為替水準では2012年の円高時期に次いで、其々の対円での通貨水準は低く、中長期のエントリー水準としては検討の余地はあるかと思います。

考えるべきリスクポイントは?

最近では、基軸通貨の国のアメリカでさえ、リスク要因として見られる市場環境。新興国通貨も特有のリスクがあります。

南アフリカ…アフリカ経済TOPの経済成長率はナイジェリアなどに抜かれ、2019年の次期総選挙を控え、ズマ現大統領の後継者選びで政治的な不安があります。1994年から20年以上にわたり政権与党として君臨する与党ANCへの信頼が揺らいできており、同国への格付け引き下げの可能性もあります。

メキシコ…トランプ政権が誕生し、メキシコ国境の壁問題、さらにNAFTA(北米自由貿易協定)の見直しなど、米政権からの逆風が話題。ただ、南米と同じラテン系のつながりに加え、太平洋地域とのつながりを模索する方針転換が、進展するか否かも今後の課題。

新興国通貨は少ない保証金から取引が可能!
リスクを軽減する、外貨預金的な方法もあり!

南アランド/円、メキシコペソ/円は少額での必要保証金でFX取引が可能です。
ドル/円(USD/JPY)の場合には、1万通貨の必要保証金は約44,500円必要(2017年4月3日時点)ですが、南アランド/円の場合は、約3,300円、メキシコペソ/円の場合は約2,400円となり、ドル/円の取引と比較して約15分の1で取引が可能です。
外貨保証金取引(FX取引)はレバレッジ効果により資金効率を高めることもできますし、保証金をコントロールして、レバレッジを低く抑えた方法であれば、スワップポイントを外貨預金的な投資としても活用できます。

2017年4月3日現在

  必要
保証金
スワップポイント 360日時点レバレッジ投資効率
  1日 30日 180日 360日 1倍 3倍 10倍 25倍
1万ランド(ZAR) 3,300円 11円 330円 1,980円 3,960円 4.80% 14.40% 48.00% 120.00%
10万ランド(ZAR) 33,000円 110円 3,300円 19,800円 39,600円
1万ペソ(MXN) 2,400円 5円 150円 900円 1,800円 3.00% 9.00% 30.00% 75.00%
10万ペソ(MXN) 24,000円 50円 1,500円 9,000円 18,000円

※必要保証金は100円未満切り上げ

※スワップポイントは日々変動いたします。上記表は1日分を、各期間に換算した場合です。

※国内ネット銀行での外貨預金金利(参照)は、南アランドで1.5-5%、メキシコペソで1.5-4%です。

南アランド/円(ZAR/JPY)と、メキシコペソ/円(MXN/JPY)
取引概要(個人口座の場合)

  南アランド(ZAR)/円 メキシコペソ(MXN)/円
表示コード ZAR/JPY MXN/JPY
必要保証金
  • 外貨アクティブ:取引の額(想定元本)×4%以上
  • 外貨リザーブ:取引の額(想定元本)×30%
  • ※外貨リザーブ口座は、現在新規募集を停止しています。
日次ポジション維持保証金 取引の額(想定元本)×4%以上
常時ポジション維持保証金 取引の額(想定元本)×2%
一回当りの最高取引額 100万通貨単位 200万通貨単位
最小取引額 1万通貨単位
現受渡し 不可

※ 法人口座につきましては、必要保証金などが一部異なります。

口座開設のお申込み

ページの先頭へ