上田ハーローFX トレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
FXトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro
上田ハーローFX Trader
上田ハーローFX デモトレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
デモトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro デモトレード
上田ハーローFX Trader デモトレード
文字サイズ
標準大きく
サイト内検索

取引時間の定義

取引時間の定義

取引時間の定義

外国為替市場では、土日を除いて休みなく取引が行われています。 そのため、当日の取引が終了し、翌日の取引へ切り替わる一日の節目となる時間が定められています。

通常の一日の区切りは夜の0時ですが、外国為替の場合、ニューヨーク市場が終わる米国東部時間17時00分が一日の区切りの時間に相当します。外国為替市場では、数ある通貨の中で米ドルが基軸通貨であることに加え、米ドルの取引量が最大であることから、ニューヨーク市場を一日の区切りにした方が利便性が高いためです。
日本時間では、米国東部標準時間時は朝7時00分、米国東部夏時間時は朝6時00分です。
一日の区切りとなるこの時間は「NYクローズ」(NYC)と呼ばれています。
NYクローズを境として定められた一日の単位によって外国為替市場での取引営業日が決まります。

米国東部標準時間時(冬時間時 NYクローズは朝7時00分)

米国東部夏時間時(NYクローズは朝6時00分)

上図からわかるように米国東部時間と日本時間の時差の影響があるため、日本時間深夜0時から朝7時00分(夏時間時:深夜0時から朝6時00分)に成立した取引の取引営業日は、前日の日にちとして考え、朝7時00分(夏時間時:朝6時00分)以降に成立した取引営業日は当日の日にちとして考える必要があります。

受渡日・ロールオーバーについて

インターバンク(銀行間市場:金融機関同士が取引する外国為替市場)のスポット(直物)取引では、取引が成立すると、取引が成立した営業日から2営業日後に資金の受渡し(※1)が行われ、取引が終了するしくみになっています。2営業日後の資金の受渡しが行われるこの日は「受渡日」(バリューデート)と呼ばれています。

このしくみをそのまま利用し、ポジションを保有すると、受渡日(ポジション保有から2営業日後)に資金の受渡しが行われることになりますが、外国為替保証金取引では、一般的に保有ポジションに関してはお客様からの決済(差金決済※2)のご指示があるまで、あるいはロスカットルールが適用されるまでは毎営業日終了時点(NYクローズ)で、自動的に保有ポジションの繰り越しを行っています。このように保有ポジションを翌営業日へ繰り越すことを「ロールオーバー」といいます。

なお、上田ハーローFXでは、実際に保有ポジションの決済が成立した際には、決済が成立した営業日の2営業日後、つまり受渡日のNYクローズの時点で、確定した為替損益と、お客様の上田ハーローFX口座の預り金残高との間で受渡し(精算)が行われます。

ポジションは、月曜日のNYクローズ時点で火曜日にロールオーバーされ、火曜日のNYクローズ時点で水曜日にロールオーバーされ、水曜日のNYクローズ時点で木曜日にロールオーバーされます。
木曜日の営業時間内に決済を行い、確定した為替損益は、木曜日から2営業日後の月曜日(受渡日)のNYクローズ以降に、預り金残高へ反映されます。

※1 資金の受渡しとは
通常の買い物と同様、外国為替においても代金の支払いは行われます。
例えば、レートが1米ドル=100円の場合、米ドル/日本円の取引で、1万米ドル買うと、日本円を100万円支払って、1万米ドルを受け取ることになります。このことを資金の受渡しと呼びます。
※2 差金決済とは
差金決済とは、取引に必要な資金全額の受渡しを行わずに、反対売買(買ったものを売った、あるいは売ったものを買った)の結果、生じた損益の差金のみを受け払いする決済方法のことです。
例えば、米ドル/日本円が100円の時に、1万米ドルを買い、110円になった時点で米ドルを売ると(反対売買)10万円(=1万ドル×10円)の差益が生じます。この時に、総代金の受渡しを行うと、買った時に100万円(=1万米ドル×100円)を渡して、売った時に110万円(=1万米ドル×110円)を受け取ることになります。
これでは、金額が大きくなり、取引量が増えた場合、資金の受渡しが非効率であるため、売買による差損益金の10万円(110万円-100万円)だけを受け払いした方が効率的なことから、外国為替市場では、差金決済が利用されています。外貨保証金取引の決済は、通常、差金決済のことを指します。

口座開設のお申し込み

キャンペーン
キャンペーン一覧へ

ページの先頭へ