上田ハーローFX トレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
FXトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro
上田ハーローFX Trader
上田ハーローFX デモトレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
デモトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro デモトレード
上田ハーローFX Trader デモトレード
文字サイズ
標準大きく
サイト内検索

外国為替レートの見方

外国為替レートの見方

外国為替レートの見方

為替レートを表示するときには1ドル=80.00-10、もしくは1ドル80.00-80.10のように表示します。テレビなどのニュースでは「現在の円相場は80.00から80.10円で取引されています」という言い方で、表示された数字の間で売買されているかのように話されています。これは正確な表現ではありません。

外国為替取引においてはツー・ウェイ・クォート(2Way Quote)といって、レートを提示する側はレートを求めている相手に対して「私が買う場合は○○で、売る場合は○○ですよ」と売値と買値を同時に提示します。これが上記のレートで表示されている部分でいうと『00-10』の部分にあたるわけです。つまり売値と買値の2つを「80.00-80.10」という表示であらわしているわけです。

売値(ビッド)/買値(アスク)

売値(Bid)
お客様がドルを売ることができるレート
買値(Ask)
お客様がドルを買うことができるレート
  • Bidを買値と呼ぶこともあります。これは買い手と売り手で買いと売りが反対になるだけのことです。レートを提示した側から見るとビッドは買値になります。
  • この売値と買値の差をスプレッドと呼びます。通常、このスプレッドの開きが狭いほうがいいレートです。

為替レート

為替レートの見方

実際の表を見てみましょう。

まず、赤は時間内の下落を意味しますので、始値が80.050、終値が79.900ということがわかります。
また、ヒゲは時間内に79.800から80.150まで値が動いたことを表わしています。

口座開設のお申し込み

キャンペーン
キャンペーン一覧へ

ページの先頭へ