上田ハーローFX トレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
FXトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro
上田ハーローFX Trader
上田ハーローFX デモトレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
デモトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro デモトレード
上田ハーローFX Trader デモトレード
文字サイズ
標準大きく
サイト内検索

外国為替を取引する人達

外国為替について

外国為替を取引する人達

外国為替市場ではどのような人たちが取引を行っているのでしょうか。

外国為替市場の主な参加者

インターバンク取引
  • 銀行・・・世界各国の銀行が参加しています
  • 中央銀行・・・日本銀行などの中央銀行が参加者です
  • ブローカー・・・上田ハーローなどの外為ブローカーです
顧客取引
  • 企業・・・貿易・海外送金・投機などが目的です
  • 個人・・・海外旅行・資産運用などに利用します
銀行

銀行は、顧客の求めに応じて為替取引を行う実需取引と為替差益狙いの投機取引の両方を行います。インターバンク(銀行間市場)の中核的存在として売買量の相当な部分を占めています。ここでの顧客は一般の企業や個人のことですが、顧客は直接、インターバンクで取引できませんので、為替取引を行いたい場合には銀行と取引を行います。そのため、銀行は顧客と取引することで発生するポジションに対して保有し続けるかカバー取引を行うかを決めなければいけません。

銀行での差益狙いの取引の大半は短期の取引が中心であり売買を頻繁に繰り返しながら収益確保を目指しています。

中央銀行

日本銀行のような中央銀行も為替取引を行います。ただし目的としては、急激な為替レートの変動を抑制もしくは一定の変動幅に為替レートの動きを収めるためです。

このように国もしくは地域の為替政策を行うための為替取引を介入と呼びます。

ブローカー(外為仲介業者)

ブローカーは、インターバンクの取引を仲介する専門会社です。ブローカーには各銀行から売買注文が集まりますので、ブローカーが売買の仲介をして取引を成立させることになります。日本には外為ブローカーは8社ありましたが、電子ブローキングの発達により3社に統合されました。

企業

企業が為替取引を行う場合には多くのパターンがあります。海外への送金や貿易・資本にまつわる為替取引が実需といわれる為替取引です。また、投機目的での為替取引もあります。

具体的例

  • 自動車の輸出で得たドルを日本円に交換する
  • 外国債券や外国株投資のために必要なドルを調達する
  • 先行き、ドル高を見込んでドル買いを行う

など、さまざまな例を挙げることができます。

顧客

個人顧客が、外貨預金・外貨MMF・外国為替証拠金取引などにより為替を取引することや海外で使うためにドルやユーロを売買することも為替取引です。

近年、外貨預金・外国為替証拠金取引の伸びは高くなっています。

外国為替取引が行われる理由

実需

リスクテイク

リスクヘッジ

外国為替の実需と投機

外国為替取引は実需と投機に分けられます。

割合でいいますと実需が1割~2割。残りが投機です。投機は為替差益を狙っての取引ですが、この投機的取引が大量に存在することで外国為替市場の取引量が増え流動性が高まることになるのです。実需のみの取引ですと取引量が少ないために買いたいときに買えないということが起きやすくなるうえにレートの変動も不可解な動きになりがちです。

この投機的な取引の存在が市場の流動性確保と価格形成に役立っているのです。

口座開設のお申し込み

キャンペーン
キャンペーン一覧へ

ページの先頭へ