上田ハーローFX トレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
FXトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro
上田ハーローFX Trader
上田ハーローFX デモトレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
デモトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro デモトレード
上田ハーローFX Trader デモトレード
文字サイズ
標準大きく
サイト内検索

外国為替市場

外国為替について

外国為替市場

外国為替市場のご案内

外国為替市場は種々の通貨が売買される場です。その中心は世界の貿易、資本取引の基軸通貨である米ドルの対日本円、対ユーロ、対英ポンド、対スイスフランなどの取引ですが、日本円対ユーロといったような米ドルを介さないクロスと呼ばれる取引もあります。

この外国為替市場は主としてその参加者のカテゴリにより、ホールセール市場(インターバンク市場)とリテール市場に分けられます。前者への参加者は日本銀行、銀行・証券会社、仲介業者(外為ブローカー)であり、後者への参加者は銀行の他、輸出入企業、生損保などの機関投資家と一般個人の方々です。なお、通常、単に外国為替市場といった場合は前者を指すため、ここではインターバンク市場を中心に説明します。

外国為替市場には、株式市場における取引所のような公的組織はありません。外国為替市場とは参加者を電話やその他の通信機器で繋いだ「概念としての市場」です。

インターバンク市場

外為ブローカーの役割

上記のような多数の参加者には、多々異なるニーズ(売りと買い、通貨、レート、金額、受渡時期などの違い)があり、相対するニーズを持つ参加者を探し出すには膨大な時間と労力が必要です。そこで外為ブローカーのような仲介業者が多くの参加者の注文を得て、その条件に見合う取引相手を探し双方の取引の手助けを行います。

通信機器の発達により、東京と海外センター間の取引もごく普通に行われ、24時間取引が可能です。通常、国際電話の専用線を使い、リンクマンと呼ばれる海外センターの提携先業者とのやり取りを専門とする外国人社員がそれぞれの市場の注文を伝え合っています。そして国内の参加者だけでなく、海外も含めお客様がもっとも良い条件で取引を行う手助けを行ないます。従って、ニュースなどで報道される「東京、ロンドン、ニューヨーク外国為替市場の終値」などの形成にはその市場の参加者だけでなく、他センターの参加者の取引も深く関ってきています。(外国為替市場が「世界に繋がる」といわれる所以です)

外国為替市場では、通常、朝7時頃からウェリントン・シドニーで一日の取引が始まり、また、ほぼ東京と同時間に香港・シンガポールも参加します。午後3時半頃からはロンドンや他のヨーロッパのセンターが参加してきます。また夜番の社員や米国経済指標発表時には深夜の東京から早朝のニューヨークまでの世界中の参加者が同時に取引を行うことになります。その場合には海外の提携先と連携し、それぞれのお客様により良いサービスをお届けするよう努力しています。

そのため場所と時間に制限がないため24時間、取引が行われており、東京の銀行とNYの銀行同士の取引、ロンドンとシンガポールの取引といったように世界各地で電話回線(電子回線)を通して取引が行われます。

外国為替市場は、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と都市の名前で呼ばれることがありますが、例えば米ドル/円の取引であれば世界中で同じ通貨が取引されていますので、東京市場で買ってNY市場で売ることが出来ます。東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間と呼ぶこともあります。

以上のように弊社は市場参加者の皆様の円滑な取引の達成をお手伝いし、市場を構成する橋渡しの役目を業務としています。
なお、外為ブローカーの業務は仲介に限られており、世間一般でいわれる「金融ブローカー」のような融資業務を行うなど、自己ポジションを持つことは有りません。

外国為替取引は24時間世界各国で行われています

口座開設のお申し込み

キャンペーン
キャンペーン一覧へ

ページの先頭へ