インターバンク市場

【よみ】
いんたーばんくしじょう
【英名】
Interbank Market

銀行間取引市場のこと。銀行や大手証券会社などの金融機関、および取引を仲介するブローカーなどで構成される。持ち高の調整や為替差益を目的として外国為 替が売買され、また中央銀行による市場介入が行われることもある。東京、London、New Yorkなど各国の金融市場が連携し世界中でほぼ24時間取引が行われている。

2015年3月6日 更新