確定申告のポイント 平成25年分

確定申告のポイント

個人の店頭外貨保証金取引で得た利益は雑所得となり確定申告が必要です。

平成25年の年間損益を集計しました『年間損益報告書』はUHFX Traderから取得してください。

年間損益報告書の取得方法

確定申告が必要かわかるチャート

(1) 申告分離課税 税率は20.315%です

20.315% | 所得税15.315% + 住民税5%

※2013年1月1日から2037年12月31日まで

申告分離課税とは他の所得と分けて個別に税金をかける方式です。FX取引の所得への税率は一律20%(所得税15%+住民税5%)となっていますが、平成25年より復興特別所得税として所得税に0.315%加算され計20.315%となっています。

(2) 取引所FXや先物取引と損益通算が可能です

日経平均先物などの金融商品で損益通算が可能です。クリック365や株価指数先物(日経225やTOPIX)、商品先物取引、CFD、カバードワラント等が対象となります。

FXでは利益が出たけど、他の取引では損失が出てしまった!ときなどに税額を軽減する効果があります。

※上場株式の売却損益との相殺が認められてないなど、すべての金融商品が対象とはなりませんので、ご注意ください。

上田ハーローFX100万円の利益 + 日経225先物50万円の損失 -> 損益通算 課税対象額50万円

FX国内取引所取引 : クリック365, 大証FX | 商品先物取引 : 金・銀など | 国内証券先物取引 : 日経225, 日経225mini, TOPIX

(3) 3年間の損失繰越控除が可能

FXや先物取引において損失を出してしまった際に、その翌年以降の3年間に渡りFXなどで利益が発生した場合に、その損失額を控除することができます。

損失繰越控除の適用を受けるためには、先物取引の差金等決済に係る損失についての明細書等の添付が必要です。またその後も連続して確定申告を提出し、繰越控除を受けようとする年分においても再度の明細書等の添付がある場合に限り認められます。ご注意ください。

損失繰越の例

損失繰越の例についての表

2014年~2016年は90万円の利益を計上も、2013年に100万円の損失繰越を行っているため、課税対象額から控除されます。2016年確定申告終了時、残りの損失繰越10万円については繰越控除の期限を過ぎているため2017年の控除額は0円となります。

ご注意点
平成25年1月以降に、個人のお客様が行った外貨保証金取引で発生した益金(売買における差益およびスワップポイント収益)は、 「先物取引に係る雑所得等」として申告分離課税の対象となり、 確定申告をする必要があります。税率は、所得税が15.315%、地方税が5%の計20.315%となります。
また、その損益は、取引所為替証拠金取引、他のデリバティブ取引等の損益と通算でき、 通算して損失となる場合は、一定の要件の下、翌年以降3年間繰り越すことができます。
法人が行った店頭外貨保証金取引で発生した益金は、法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。
金融商品取引業者は、顧客の店頭外貨保証金取引について差金決済等を行った場合には、 原則として、当該顧客の住所、氏名、支払金額等を記載した支払調書を当該金融商品取引業者の所轄税務署長に提出します。なお、法人のお客様は、「支払調書」提出の対象ではありません。

関連するお知らせ

※確定申告の詳細につきましては管轄の税務署や専門家にお訊ねいただくか 「国税庁 平成25年分確定申告特集」もしくは「国税庁タックスアンサーホームページ 」をご参照ください。

【監修】税理士・CFP®田中卓也
(田中卓也税理士事務所)

田中税理士よりメッセージ

田中卓也税理士事務所では申告書の作成はもとより、税務相談・会計パッケージソフトの導入など幅広く対応します。相談料無料の"お試し相談"コーナーも常設。下記、ホームページよりお気軽にお問い合わせください。

http://www.taf-mall.com/

※上記リンクをクリックすると上田ハーローのサイトを離れます。

取引開始にあたってはリスク・取引内容などを十分ご確認の上、ご自身の判断にてお取引ください。

外貨保証金取引は元本・収益を保証するものではなく、為替や金利の変動等により損失が生じることがあります。

また、お客様が預託した保証金以上のお取引が可能なため、為替相場や金利の変動等により預託した保証金以上の損失が生じる可能性があります。

当社が提示する為替レートおよびスワップポイントは売値と買値に差額があります。

取引手数料は無料(ただし現受渡しは10ポイント)、必要保証金は、外貨アクティブ:取引の額(想定元本)の4%、外貨リザーブ:取引の額(想定元本)の30%、法人100:取引の額(想定元本)の1%、法人200:取引の額(想定元本)の0.5%です。必要保証金額は一定ではなく為替レートにより変動します。

ポジション形成時のレバレッジは外貨アクティブで最大25倍、外貨リザーブで最大約3.3倍、法人100で最大100倍、法人200で最大200倍です。

フリーダイアル:0120-860-396 | 携帯・PHSからも利用可能 | お問い合わせ時間:月~金8:00-20:00/祝日9:00-17:00
上田ハーロー株式会社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-1神田須田町スクエアビル5F
TEL:0120-860-396
金融商品取引業 登録番号:関東財務局長(金商)第249号
加入協会:(社)金融先物取引業協会(会員番号第1505号)
http://www.uedaharlowfx.jp

確定申告のポイント 平成25年分 | ページ上部へ