上田ハーローFX トレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
FXトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro
上田ハーローFX Trader
上田ハーローFX デモトレードログイン

以下いずれかのボタンをクリックして
デモトレードシステムのログイン画面へ遷移します。

上田ハーローFX Pro デモトレード
上田ハーローFX Trader デモトレード
文字サイズ
標準大きく
サイト内検索

各種リスクについて

商品・サービスのご案内

前のページへ戻る

各種リスクについて

口座開設の前には、外貨保証金取引説明書を熟読ください。外貨保証金取引には、さまざまなリスクが存在します。以下の説明を熟読のうえ、商品性とリスクについて十分に理解したうえで口座開設およびお取引を行ってください。

レバレッジリスク

外貨保証金取引は、元本保証の取引ではなく、取引対象である通貨の価格などの変動により損失が生じることがあります。損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。

為替変動リスク

外国為替相場は、24時間、常に為替レートが動いています。その為替変動により為替差益が得られる反面、為替差損を被るリスクがあります。

為替が予想の反対に動いた場合

スリッページの発生により、約定時の実勢価格が予めお客様が設定されたスリッページ幅の範囲内であれば、変動後の実勢価格で約定いたします(お客様にとって有利・不利のいずれの変動方向に対しても同様に約定いたします)。また、設定範囲外の場合には、不利な場合には注文は失効し、有利な場合には設定範囲内で最も有利な価格で約定いたします。

金利変動リスク

外国為替取引は、通貨の交換を行うのと同時に金利の交換も行います。そのため当該通貨間の金利差調整分としてスワップポイントの受払いが発生します。スワップポイントの受払いは、市場金利の変化に応じて変化します。そのため、その時々の金利水準によってスワップポイントの受払いの金額が変動するリスクがあります。場合によっては受払いの方向が逆転することもあります。

流動性リスク

外国為替市場の状況次第では、お客様が新たにポジションを保有することや保有ポジションの決済を行うことが困難になることがあります。主要国の祝日や週始めの時間帯、ニューヨーククローズ前後、為替変動が激しい場合等、市場の流動性が低い場合やカバー先との取引が制限されている状況では、売買の執行や為替レートの提示が困難になることや不可能となる場合があります。また天変地異・戦争・政変・為替管理政策の変更・同盟罷業などの特殊な状況の場合にはお取引が困難または不可能となる場合もございます。

逆指値注文(ストップロスオーダー)のリスク

逆指値注文は、注文の執行を最優先します。この結果、通常の市場環境においても指定レートよりお客様に不利なレートで約定される場合があります(スリッページ)。特に相場変動が激しい場合には指定レートから大きく乖離したレートで約定することもあります。

オンライントレードのリスク

オンライントレードでは、お客様が売買注文の入力を誤った場合においても注文執行が行われるため操作ミスや勘違いなどでお客様の意図しない注文となることがあります。 また、お客様ご自身の機器の故障や通信回線の不調、当社システムの障害等様々な原因で一時的あるいは一定期間にわたりシステム利用が阻害されることがあります。更に、電子認証に用いられるユーザーID・パスワードなどの情報が、窃盗・盗聴などにより洩れた場合、その情報を第三者が悪用することでお客様に何らかの損失が発生する可能性があります。

両建てにおけるリスク

両建てでは、スプレッドの変動に伴い評価損が拡大する場合があります。また、スワップポイントの受け払い差によるコストも生じます。上田ハーローFXでは、両建て取引は推奨しておりません。両建てを行われる際には、最終的にポジションをどのように決済していくのかを想定の上で、行われるようにお願いいたします。

信用リスク

当社の外貨保証金取引は、店頭デリバティブ取引です。お客様と当社の相対取引(OTC = Over The Counter 取引)であり、組織化された取引所を経由する取引所取引ではありません。
このため、当社やカバー先の信用状況の悪化により、損失をこうむることがあります。

関連法令、諸規則、税制変更のリスク

外貨保証金取引に係る関連法令および諸規則、税制の変更などにより、現状より不利な取引条件となるリスクがあります。

システム障害時の対応

上田ハーローFXはインターネットを利用したオンライン専用取引で、取引にかかわる注文、照会、出金依頼などの方法はインターネット経由のコンピューターシステムに限定しています。本取引のコンピューターシステム、インターネットを利用した通信、およびお客様がご使用になるコンピューターシステムについて、それぞれのハードウェアやソフトウェアに障害、誤作動などが発生し、お客様の注文もしくは照会などが出来なくなる場合(システム障害時)がありますが、こうした場合でも当社は電話、FAX、電子メールその他の方法を通じた注文、照会、出金依頼などをお受けできません。

金融商品取引業では、このような障害発生時には営業社員が電話などでお客様のユーザーID、パスワードをお聞きし、お客様に代ってご希望の取引注文を執行することが珍しくありませんが、今回、当社ではあえてこうした方式を排除しました。その理由は、電話取引とオンライン取引を併用することが極めて危険な行為であるためです。常に営業社員とお客様が連絡を取り合っているわけではないため、ユーザーIDとパスワードによる本人管理法だけではリダイヤル機能と録音機能を設置した電話があれば、近年頻発している「成り済まし」詐欺を簡単に実行できます。このことから、併用取引の危険性を容易にご想像いただけると思います。

※上記は、外貨保証金取引に伴う典型的なリスクを簡潔に説明したものであり、本取引に生じる一切のリスクを漏れなく示すものではありません。

口座開設のお申し込み

キャンペーン
キャンペーン一覧へ

ページの先頭へ