FXと株の違いは?

FX取引の一日の流れ

グラフ

外国為替市場は、毎週、ウエリントン(Wellington、ニュージーランド)から始まります。 誰かが、スタート時間を決めるわけではありませんが、現地の市場関係者や電子取引の電源がONとなり、自動的に各方面からの売買注文を参照して、おおよその水準を決めてスタートしていきます。

FX取引では、流動性が確保される、おおむね月曜日の7時を開始時間と決めているところが多いようです。
その後は、地球の自転とともに、各金融センターの一日が始まります。
各市場の中では、注文等をこなし、取引の終盤になると、各金融機関・市場参加者などは、それぞれの自社内で残りの注文を引き継ぎ、価格の水準や「興味等」 をリレー形式でつないでいきます。
図表は、主な市場を表していますが、ウエリントンの後は、シドニー・メルボルン(オーストラリア)、東京(日本)、香港・上海(中国)、シンガポールなどアジアの金融拠点につながっていきます。
次に、中東拠点に移るわけですが、どちらかというと早番の欧州拠点がカバーすることになります。
スイス・ドイツ・オランダ・パリなどが主な拠点となります。
そして、外国為替市場で最も取引の厚みがあるロンドン勢が出迎えます。
欧州の午後・米経済指標などの発表時間には、NY勢に加え、カナダ勢が参加。
一日の終盤には、アメリカ勢の中でも西海岸の一部も加わりますが、NY時間午後5時が一日の区切りとなります。
そのあとは、再度ウエリントンへ。

土日でも取引可能?

かつては、中東拠点(バーレーンなど)の一部の地域では、宗教上、金曜日が安息日だったこともあり、土日でも取引できたようですが、主要システムが休みで、取引の決済(受渡し)ができないため、現在では銀行間取引などの為替取引はほぼ不可能です。
そのため、FX取引もできません。もちろん、現地に行って、通常の両替などは可能です。

為替の休みは?

基本的に電子や電話で繋がった市場のため、国ごとの祝日でも取引はできます。
唯一、土日以外での取引ができないのは『元日』になります。
また、特例で『クリスマス』休日の日は、欧米時間は取引ができなくなります。
その他の『イースター』や『感謝祭』などでは取引はできますが、取引量の多いロンドンやNYが休みとなるため、取引の流動性が極端に少なくなります。
為替の取引とは直接の関係は薄いですが、祝日は通貨の決済という観点では、決済日がずれるため、スワップポイントの受け払い日数が変化します。

関連リンク