レバレッジって何?

少ない資金を元手に大きな金額の取引を可能とする仕組みです。
FXに限らず、先物取引、証券取引など金融取引においては、レバレッジを活かした取引は必ず存在します。取引商品の決済・交換を伴わない場合に多く見られる仕組みです。

取引をしたい金額に対して、必要とされる金額(証拠金)に対する率(割合)です。
実際の決済を伴う場合、必要な資金は、対価の金額であり、1ドル=100円、1万ドルの取引の場合、100万円の資金が必要です。この場合、等価交換=レバレッジ1倍と考えるとよいと思います。
一方、交換を行わず、取引での差金決済で十分であれば、総代金を必要とすることはなくなります。
前述の例であれば、10万円で取引をしている場合はレバレッジ10倍、4万円であれば、レバレッジ25倍です。

レバレッジをかけると利益・損失も大きくなる

これは、誤解を生む表現です。
利益・損失の「額」という実際の数値で見れば、レバレッジをかけても・かけなくても、利益・損失「額」は同じ(手数料除く)です。
例えば、一般的な外貨預金を例として、1ドル=100円の時点で、1万ドルで始めたとしましょう。1円の円安(1ドル=101円)もしくは円高(1ドル=99円)になれば、それぞれ1万円の損益が発生します。
レバレッジをかけた場合、1万ドル=100円で取引を開始し、同じく1円の円安もしくは円高は、1万円の損益であり、外貨預金の場合と「額」は同じです。取引金額×交換レートの差=損益「額」であって、「レバレッジ」という数値は一切必要ありません。ただ、投資した金額に対しての投資比率という点ではレバレッジで違いが出ます。
前述の外貨預金の場合、100万円の資金が必要です。
一方、FX取引では25倍(証拠金率4%)で計算すれば、4万円の手元資金で済みます。つまり、1万円の損益に対する投資金額の違いで、損益率は前者では1%、後者は25%となります。レバレッジをうまく活用すれば、投資効率を上げることは可能ですが、リスク管理は必要です。
ただ、「額」という点では全く同じなので、混同しないようにしましょう。

最初はレバレッジを少なめに

レバレッジをかけますと、投資効率は上昇しますが、取引する金額が多くなれば、持高による市場リスクの影響は大きくなります。
他の金融商品で活発な取引で慣れている方はリスク管理も行えると思いますが、これから始める方や、外貨預金的なスタンスや一定期間以上で取引されたい方は、市場リスクを軽減する意味でも、レバレッジを抑えて取引をした方が心理的ストレスは軽減されます。
また、レバレッジを抑えれば、中長期の投資という点で金利差を享受できるメリットも出てきます。

関連リンク