FXと株の違いは?

FXの利益は所得税の対象です

FX取引で年間(1月1日から12月31日まで)に利益(リターン)があれば、確定申告の対象になります。

FX取引の利益にかかる所得税の種類及び税率

FX取引で得た利益は、『雑所得』(先物取引にかかる雑所得等)となりますので、申告分離課税扱いとなり、確定申告の対象となります。
対象となるFX取引の利益は、取引による為替差益とスワップポイントの合計になります。
決済をしていない持ち高(ポジション)の含み益に関しては、課税対象外です。(逆に決済していない含み損を差し引くことはできません)

FX取引で得た収益から経費分(例:経済セミナー参加費やそれに係る交通費など、取引にかかわると証明できる費用)を差し引いた金額(利益)に対して、税金がかかります。
税率は、20.315%。(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%、2013年1月1日から2037年12月31日まで)
また、先物取引にかかる雑所得等の扱いになりますので、他の先物取引の金融商品(日経平均先物、商品先物など)での損益通算が可能です。 詳しくは、こちらをご参照ください。

確定申告をしなければならない人、しなくてもよい人

確定申告の必要性については、簡単なフロー図で、確認してみましょう。

確定申告 判定チャート

給与所得者(年間給与所得での分類)、個人事業主(主婦含む)など、皆様の所得分類によって必要か否かが決まってきます。

確定申告のタイミング・時期

確定申告の時期は、毎年2月中旬~3月中旬ごろになります。
詳しい日程については、国税庁ホームページをご参照ください。

確定申告に必要なもの

FX取引を含め確定申告が必要となった場合、国税庁または各国税局にある確定申告書や関係書面などのほかに、源泉徴収票(給与所得がある場合)、必要経費金額を証明できるものと、FX取引の分については『前年』の年間損益報告書が必要です。
必要な方は、WEBサイトからのダウンロードなどで、年間損益報告書を取り寄せましょう。

関連リンク