FXってなに?

FXとは「Foreign Exchange」の英略語です。 直訳すれば「外国為替取引」といい、「 外為(がいため)」の略称で、外国為替取引全般という意味で使われています。輸出入企業などのドルやユーロ、そして円などの通貨(為替)を交換・売買から、差益を目的とした取引全般をも網羅する意味です。
1998年に行われた外為法改正以降、個人投資家の外貨投資の一つとして「外国為替証拠金取引」の略称としても使われ、その市場取引規模が近年拡大したことで、日本では「FX」=「外国為替証拠金取引」というイメージが一般的になっています。

FXはギャンブルじゃないの?

FX=「外国為替証拠金取引」の「証拠金取引」という部分で、少ない資金で市場の上下動をとらえて取引することからリスクが大きくギャンブル的な要素という意見があります。
しかし、どの金融市場において大きなシェアを占める投機筋の取引の多くは、証拠金を元手に、海外ヘッジファンドなどが取引として利用しています。IMM通貨先物市場や、株式市場の信用取引なども、証拠金取引という点では同じです。ある通貨の価値がファンダメンタルズ(経済的要素)面で動く可能性が高いと見越し、リスクを承知の上機会損失を介する意味で先行して取引することは、ギャンブルではなく経済的な取引とは言えるでしょう。

FXの基本

外国為替取引とは

それぞれの国・地域の通貨を交換・売買することを指します。
外国為替取引には、為替市場において輸出入企業の外貨決済取引(輸出入決済)の他、国外への投資に関係する資本取引の他、これらの輸出入・資本取引や金融政策の変更、経済的要素(ファンダメンタルズ)を見越して市場参加者・ファンド筋などの取引、そして個人投資家のFX取引も含めた外貨に関わる取引全てを指します。

証拠金取引とは

ある金融商品を取引するにあたって、本来想定される総代金に対して、リスク割合を勘案して計算された一定の証拠金(保証金)を取引業者に預託し、主に差金決済による金融商品の売買を行う取引を指します。FX取引の場合は、通貨売買の証拠金取引になります。

FXの簡単な仕組み

FX取引には、外国為替市場において通貨を売買して、その為替差益を得ることを目的としています。ドル円(USDJPY)取引で例えれば、ドル金利・経済指標の良さなどから、ドルの価値が、円に対して上昇(強くなるとも言います)すると想定した場合、ドルを買って(円を売る)取引を行います。 その後、想定通りに上昇した場合に反対売買(ドルを売って、円を買い戻す)取引をすることで価格差による為替差益を得ます。反対に、事前想定と違い、ドルの価値が下がった場合には、為替差損が発生します。

関連リンク